2015年9月13日(日)に開催されました「第8回沼袋・野方まちおこしジャズ NUNO JAZZ FESTA2015」の満員御礼とご報告をさせていただきます。

『世界共通語の音楽、ジャズを切り口に、心豊かになれる瞬間をこの沼袋・野方でみなさまとシェアし、まちおこしのひとつとしてお役にたつ』ことを目的にスタートしたこのイベントも、昨年同様に沼袋氷川神社様のご協力を賜り、境内の神楽殿という大舞台でライブを開催することができました。 今回のテーマは『LOVE JAZZ』。誰もが願う平和やその実現のカギとなる愛=LOVE、あるいは家族や友人・恋人との絆や縁を大切に思う気持ちをテーマに、ジャズとグルメを通して表現し、いろいろな愛を五感で感じてもらえるイベントを目指し、これまでにない趣向でお楽しみいただきました。
昨年に引き続き、日本が誇る精鋭ジャズプレーヤー、地元のアマチュアバンド、学生バンド、子どもたちによる吹奏楽が加わり、神社境内は10時間ノンストップでジャズの調べに包まれ、大いに盛り上がりました。
お陰様で今年で8回目を迎えることができ、当日、ご来場の方々が多数スタッフに気軽にお声をかけてきてくださり、以前よりまして認知度がアップし、毎年楽しみにして下さっている様子を感じ取ることができました。
今年は好天に恵まれたこともあり昨年の約6千人の入場者を上回る約7千名以上(当日パンフレット配布数・警察のデモの目視の手法から推計)もの大勢の方々が沼袋・野方の方たちのみならず、首都圏から広くお集まりいただき、運営サイドと共に音楽を堪能しました。またインターネット上でも、舞台の演奏が『Ustream』によって世界へ同時配信され、沼袋から日本の元気を発信いたしました。
スポンサー様をはじめ、ご来場者様、出演者様、安全を見守っていただいた消防団、消防署、警察の皆さま、そして素晴らしい場を提供してくださった沼袋氷川神社様と、前日から会場設営にあたって温かく力強くサポートしてくださった企業様ならびにボランティアスタッフの皆様、だれ一人抜きにしてもこのライブを成し得ることはできませんでした。心から感謝し、重ねて御礼申し上げます。
当日は、数多くのアンケートのご協力もいただきました。後日には、ご協賛いただいた方をはじめとしてご当地グルメ屋台に出店下さった方、ご近隣の方々より数多くのお声をいただきました。皆さまからの励ましの声を大切にし、改善すべき点は改善しながら、次回につなげて参ります。
『わたしたちが愛する沼袋・野方の魅力をご当地のみならず広くより多くの人たちとともに存分に味わいたい』。『沼袋・野方の人たちとの繋がりを通じ、別のまちに暮らす人たちにもっと訪れてもらいたい』。『沼袋・野方をジャズの一大発信地に』。
これらの目標に向かって、また一歩近づくことができたものと確信しております。
『沼袋』『野方』『まちおこし』という言葉を掲げ、皆様からの協賛金をお預かりするなかで、最大限の力を発揮できたかどうか、当委員会といたしましては皆様からの厳しくも温かいご意見に深く耳を傾け、これを真摯な気持ちで受け止め、今後の活動に反映させていく所存でおります。
どうか当方の活動に深いご理解を賜り、相変わらずのご支援とご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2015houkoku1

2015houkoku2

2015houkoku3

2015houkoku4

2015houkoku5

2015houkoku6